2016年10月今月の新製品情報

新番組/特番おしらせ」で特番の録り逃しを防ぐ

ブルーレイディスクレコーダー DIGA(ディーガ) DMR-BRS520 を発売

「かんたんリモコン」で「録る」「見る」を迷わず操作できる

ブルーレイディスクレコーダー DIGA(ディーガ) 「DMR-BRS520」

品名 ブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-BRS520
メーカー希望小売価格 オープン価格
HDD容量 500GB
チューナー数 地上デジタル:1 BS/110度CS:1
発売日 2016年10月中旬
月産台数 8,000台

パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクレコーダー「ディーガ」のかんたん・シンプルモデルである 「DMR-BRS520」を10月中旬より発売します。ディーガはこれまでも起動や動作の速さといった使いやすさで好評いただいておりましたが、新モデルではさらに使いやすく便利になりました。

前モデルで好評いただいた「新番組おしらせ」が「新番組/特番おしらせ」に進化しました。新番組(※1)だけでなく、不定期放送の特番(※2)や映画などの初放送番組(※3)もお知らせします。リモコンのボタン1つで新番組(※1)や特番(※2)を一覧表示でき、録画予約もワンボタンでできるので録り逃しを防げます。また、「2ステップらくらく設定」で、かんたんな操作で初期設定が完了するのですぐに使い始めることができます。
さらに、「かんたんリモコン」を付属し、複雑な操作が苦手な方も、「録る」「見る」の大型ボタンで、録画や再生に迷うことなく操作ができます。

当社は、本製品により、レコーダーをよりかんたん・快適にお使いいただける、AVライフを提案します。

<主な特長>

  1. 見やすい番組表で話題の番組も録り逃さない
    ・「新番組/特番おしらせ」で話題の番組の録り逃しを防げる
    ・見やすくわかりやすい番組表で気になる番組も探しやすい
  2. 「2ステップらくらく設定」でかんたん初期設定
    ・郵便番号を入力し、ネットワーク設定をするだけで設定完了、すぐに使い始められる
  3. 「かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる
    ・よく使う「録る」「見る」ボタンが大きく、迷わず操作できる
    ・「番組表」「録画一覧」の文字が大きくて見やすい
    ・本製品のリモコンひとつで、ビエラはもちろん他社テレビの操作も可能(※4)

【お問い合せ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から20時まで)
  • ※1:番組名に /“新”/“新番組”/“新シリーズ”が含まれるものが対象。
  • ※2:18時から23時59分までに放送開始される1時間45分以上の地上デジタルの番組が対象。
  • ※3:番組名および番組内容に”初放送”/”TV初”/”テレビ初” /”地上波初”/”BS初”/” CS初”を含む[映画]が対象。
  • ※4:接続先のテレビによってテレビ操作対応のボタンが異なります。登録したテレビのリモコンにないボタンは動作しません。また、機種によってはボタンの名称が異なる場合があります。三洋、JVC/ビクター、NEC、富士通ゼネラル、アイワ製のテレビは[テレビ電源]、[テレビ入力切換]、[チャンネルUp/Down]、[音量Up/Down] 以外は対応していません。

【特長】

1. 見やすい番組表で話題の番組も録り逃さない

●「新番組/特番おしらせ」機能で話題の番組の録り逃しを防げる

番組表を開くと、地上デジタルやBS/CSの話題の新番組(※1)や不定期放送の特番(※2)、さらに映画の初放送番組(※3)をポップアップでお知らせします。リモコンの[黄]ボタンを押すと一覧で番組内容や出演者情報などを確認でき、そのままワンタッチで録画予約もできるので録り逃しを防げます。さらに、リモコンの[赤]で画面に表示するジャンルの変更(※5)、[青]で放送波ごとの絞込み、さらに[緑]で新番組/特番/初放送番組ごとの表示が可能です。番組改編期に新ドラマやアニメ、特番もまとめてチェックできるので便利です。

  • ※5:[ドラマ][アニメ][バラエティ][映画][全ジャンル]に切換え可能

●番組内容が見やすくわかりやすい番組表で気になる番組も探しやすい

番組表の文字にメリハリをつけることで、番組タイトルと内容の区別がつきやすくなり情報量もアップしました。番組内容が確認しやすくなったので、気になる番組を探しやすくて便利です。さらに文字サイズで選ぶこともできます。

2. 「2ステップらくらく設定」でかんたん初期設定

お買い上げ後の初期設定の手順を集約・自動化することにより2ステップで設定が完了できるようになりました。郵便番号を入力してエリア設定し、ネットワーク設定をすれば初期設定が完了し、すぐに操作することができます。さらに、テレビがビエラの場合は、HDMI接続し、有線LANでネットワーク接続すれば自動で初期設定が完了するので、かんたんに使い始められます(※6)

  • ※6:2007年以降発売のビエラに対応。ビエラの設定でビエラリンクの機能が有効である必要があります。事前にビエラ側の郵便番号設定およびチャンネル設定が終わっている必要があります。

3. 「かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる

シンプルに迷わず操作ができる「かんたんリモコン」を付属しています。よく使う「番組表」「録画一覧」をそれぞれ「録る」「見る」の大きなボタンにしているので、いつもの操作がかんたんに行えます。また、テレビ操作に対応しています。リモコン上部の「テレビ操作」ボタンを押すと、ボタン内のLEDが点灯し、その間様々なボタンがテレビ操作用としてお使いいただけます。ビエラはもちろん他社製テレビの操作も、このリモコンひとつで行うことができるので、大変便利です(※7)。LEDの点灯中にもう一度「テレビ操作」ボタンを押すか、無操作状態で30秒経過すると、再びレコーダーの操作に戻ることができます。
その他、「番組表」や「録画一覧」は大きな文字サイズにして番組タイトルを表示するなど、見やすいシンプルな画面で、かんたんに操作していただけます。

  • ※7:他社製テレビを操作する場合リモコンのテレビ操作設定が必要です。接続先のテレビによってテレビ操作対応のボタンが異なります。登録したテレビのリモコンにないボタンは動作しません。また、機種によってはボタンの名称が異なる場合があります。三洋、JVC/ビクター、NEC、富士通ゼネラル、アイワ製のテレビは[テレビ電源]、[テレビ入力切換]、[チャンネルUp/Down]、[音量Up/Down] 以外は対応していません。
  • ● テレビの機種によっては、操作できない場合があります。

4. 「ゆっくり/はっきり再生」で音声が聞き取りやすい(※8)

聞こえやすさを追求し、「ゆっくり/はっきり再生」を搭載。0.8倍速のゆっくりと聞き取りやすいスピードで再生する「ゆっくり再生」に加え、年齢とともに聞き取りづらくなる高周波域を強調して再生する「はっきり再生」を組み合わせることで、女性の声などの高音もはっきりと聞き取れるようになりました。「はっきり再生」「ゆっくり/はっきり再生」はリモコンの「ゆっくり/はっきりボタン」でかんたんに切り替えられるほか、はっきり再生を常時「入」に設定することも可能です(※9)

  • ※8:番組録画中は録画番組、ブルーレイディスク、DVDのみ、ゆっくり/はっきり再生が可能です。
  • ※9:放送中の番組をゆっくり/はっきり再生する場合、録画しながら再生するため、番組が録画できる状態(チューナーとハードディスク容量の両方の空き)が必要です。

5. 「でか文字」「かんたんガイド」で、初心者の方も使いやすい

ご好評頂いている「でか文字」を搭載。ボタン一つで、「番組表」や「録画一覧」の文字をさらに2倍に拡大して表示します。小型テレビに接続している場合や、離れた距離で操作する場合に文字を大きくできるので便利です。また、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる「かんたんガイド」機能を搭載。はじめてレコーダーをご購入されたお客様でも安心してお使いいただけるようになりました。

6. スマートフォンやタブレット、パソコンで録画した番組を楽しめる

本製品は「外からどこでもスマホで視聴」に対応しています。外出先やテレビの無い部屋にいても、スマートフォンやタブレット端末(※10)やパソコン(※11)からディーガにアクセスしてリアルタイムの放送や録画番組をお楽しみいただけます(※12)。その時の通信状況によって画質や通信モードを自由に選べます。

  • ※10:視聴アプリ「Panasonic Media Access(無料)」のダウンロードが必要です。iOS8以降、Android(TM)4.1以降に対応。
  • ※11:(株)デジオン社製のWindows用視聴アプリ「DiXiM Play for DIGA Windows版(有料。Windows8.1, Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応)」のダウンロードが必要です。Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。
  • ※12:スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末と本機を宅内ネットワークに接続して視聴アプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。本機に登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本機の使用状況によっては視聴できない場合があります。本機を日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/bd)を参照ください。

●ピクチャ・イン・ピクチャ再生で外でも “ながら見”

専用アプリ「Media Access」ならバックグラウンド再生に対応していますので、スマホやタブレットで視聴中にメールの確認や他のアプリを使いたい場合でも、再生を中断することなくお使いいただけます。
さらに、iPad(※13)なら「ピクチャ・イン・ピクチャ再生」に対応していますので、他のアプリと同時にお使いいただけるので、外出先でも“ながら見”ができます。

  • ※13:iOS9以上を搭載したiPad Pro、iPad Air以降、およびiPad mini2以降に対応

●オフラインでも番組を楽しめる「番組持ち出し」対応(※14)

専用アプリ「Media Access」が新たに「番組持ち出し」機能に対応しました。持ち出したい番組を「あとで見るリスト」に追加すると番組をスマホ、タブレットにダウンロードします(※14)(※15)。持ち出す際の画質も720p(※16)、VGA(1.5Mbps)、VGA(650kbps)(※16)の3種類から選択できるので、お手持ちのスマートフォンの空き容量に合わせた使い方ができます。持ち出した番組であれば、通信のできない場所でも視聴することができるので、トンネル通過中の電車内や飛行機の中でも途切れることなくお気に入りの番組を快適にお楽しみいただけます。

  • ※14:ディーガのバージョンアップが必要です。
  • ※15:ダウンロードの方法に関しては(http://panasonic.jp/support/av/m_access/)にてご紹介します。
  • ※16:720p、VGA(650kbps)の持ち出しをご利用にはディモーラの有料会員の登録が必要です。

★2017年3月末日まで、最長7ヶ月間「ディモーラ」の有料サービスを無料でお楽しみいただけるキャンペーンを実施いたします。キャンペーンの詳細については、HPなどでお知らせいたします

●Windowsパソコンで番組を楽しめる(※11)

Windows8.1以上を搭載したタブレットやパソコンでも放送中の番組や録画した番組を楽しめます。自宅の書斎や出張先のホテルなどでもパソコンの画面で気軽に番組をお楽しみいただけます。

<Windows版リモート視聴アプリについて>

(1)(株)デジオン社製の「DiXiM Play for DIGA Windows版」になります。
・対応OS:Windows8.1, Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応
・月額200円(税抜)
・Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。
(2)「DiXiM Play for DIGA Windows版」は番組の再生のみ可能です。番組表やおすすめ機能はありません。

7. その他の機能

●「ハイレゾリマスター」で録画番組やBDもハイレゾ相当(※17)の音質で楽しめる

本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存している録画番組の音声を「ハイレゾリマスター」機能でハイレゾ相当にアップコンバートします。テレビ番組や映画もより高音質でお楽しみいただけます。さらに、この処理は音楽再生時にも有効です。ハイレゾ対応の「ディーガスピーカー DY-SP1」(別売、11月中旬発売予定)と組み合わせれば、ディーガで再生するお気に入りの映画や音楽BD、CDの音楽も高音質でお楽しみいただけます。

  • ※17:最大192kHz/24bitまでアップコンバートします。ハイレゾ対応のアンプやテレビ等とのHDMI接続が必要です。

●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅういろんな場所で楽しめる

本製品に録画した番組や、受信した放送を別室の「プライベート・ビエラ」「スマートフォン」「タブレット」などに転送(※18)できます。

  • ※18:放送転送にはチューナーの空きが必要です。チューナー使用中、電源オン時は放送転送できません。スマートフォンやタブレットへの転送には専用アプリPanasonic Media Accessが必要です。

●SeeQVault規格(※19)のUSBハードディスクに対応

本製品に別売のUSBハードディスク(※20)を接続し録画することができます。USBハードディスクは最大で3TBまで対応、8台まで登録でき、最大15倍録モードの長時間録画が可能です。これによりハードディスクの残量を気にせず、たっぷり録画することができます。さらにSeeQVault規格(※19)に対応。同規格対応のUSBハードディスクに録画番組をダビングでき、他の対応ディーガに再接続してそのまま使用できるので、バックアップやお引越しに便利です。

  • ※19:対応の機器についてはホームページをご確認ください。<http://panasonic.jp/support/bd/> 
    ・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。
    ・SeeQVault対応USBハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。
  • ※20:対応の機器についてはホームページをご確認ください。<http://panasonic.jp/support/bd/>

●今まで使っていたレコーダーの内容を本製品に「お引越しダビング」

「引越し先」の本製品と、今まで使っていた「引越し元」のディーガや他社レコーダーをルーター経由で宅内LAN環境につなげば、引越し元のレコーダー(※21)に保存している録画番組を本製品にかんたんにダビングできます(※22)。ディーガ同士の接続であれば撮影ビデオや写真(※23)もお引越しできます。ディーガなら買い換え、買い増しの際にもスムーズです。

  • ※21:ダビング元対応機種については当社ホームページをご確認ください
    http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/connect/network/dubbing.html
  • ※22:放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされます。プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組や、ダウンロードした番組などは、ダビングできない場合があります。
  • ※23:他社製レコーダー、およびBZT9300/BZT830/BZT750/BZT730/BWT650/BWT630/BWT550/BWT530/BRT250は写真のお引越しダビングはできません。

●高速起動(1秒番組表示/1秒録画一覧表示/1秒トレイオープン)(※24)

  • ※24:ディーガの電源オフ、テレビの電源オン、入力切換をディーガに設定時、ディーガのクイックスタート「入」の場合。テレビの種類やディーガの動作状態(予約録画や録画モード変換中など)によって、表示時間が多少のびる場合があります。

●徹底した省エネ設計 「エコマーク」を取得

動作時・待機時の省電力、省資源、環境に配慮した部品の採用など省エネ・省資源設計を徹底。公益財団法人 日本環境協会から「エコマーク認定商品」に認定されました。