2022年2月今月の新製品情報

スマートフォンアプリで冷蔵室内の食材をチェックできる「冷蔵庫カメラ」を搭載した
コネクテッド家電の冷蔵庫「まんなか冷凍 HXCCタイプ」を発売

本体幅685mmのままで定格内容積を従来比15L拡大し、617Lの大容量を実現

[画像](左)HXCCタイプ(R-HXCC62S)(左から)クリスタルミラー(X)、クリスタルシャンパン(XN)(右)「冷蔵庫カメラ」の使用イメージ

日立グローバルライフソリューションズ株式会社は、冷蔵室のドアを開けた際に自動で撮影し、外出先などからスマートフォンアプリで冷蔵室内の食材をチェックできる「冷蔵庫カメラ」(*1)を搭載した、コネクテッド家電(*2)の大容量冷蔵庫「まんなか冷凍 HXCCタイプ」2機種(定格内容積617L、540L)を2月24日から発売します。

新製品の主な特長<大容量冷蔵庫「まんなか冷凍 HXCCタイプ」2機種>

  1. 「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」で冷蔵室内の食材をチェックできる「冷蔵庫カメラ」を新搭載【New】
    冷蔵庫本体上部に設置したカメラが、冷蔵室のドアを開けた際に自動で冷蔵室の棚と左右ドアポケットを撮影します。撮影した画像は「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」(*3)から確認できます。これにより、買い物中に冷蔵室の中身を思い出したいときなどに、スマートフォンでチェックできるので、買い忘れやすでに買ってある食材の二重購入を減らせ、毎日の食材管理を手軽にラクに行えるようサポートします。
  2. 置き場所に合わせて選べる大容量冷蔵庫【New】
    R-HXCC62Sでは、本体幅685mmのままで定格内容積を従来比15L拡大し、617Lの大容量を実現しました(*4)。これにより、冷蔵室最上段で500mLのペットボトルを立てたまま収納できる(*5)ようになり、使い勝手が向上しました。本体幅650mm・定格内容積540LのR-HXCC54S(*6)とともに、置き場所に合わせて選べる大容量冷蔵庫を提供します。
  3. 冷蔵室の棚のどこに置いても鮮度が長持ちする「まるごとチルド」
    冷蔵室には、棚スペース全体がチルド温度約2℃(*7)、湿度約80%(*8)となる「まるごとチルド」(*9)を引き続き採用しています。約2℃の低温保存により、どこに置いても鮮度が長持ち(*10)します。高い湿度のため、一時保存のサラダなどはラップなしでも乾燥を抑えます(*11)

またラインアップとして、HXCCタイプと同様に置き場所に合わせて選べる大容量冷蔵庫で、へアライン調の鋼板ドアを新採用しインテリアになじみやすいフラットなデザインとした「まんなか冷凍 HWタイプ」3機種(定格内容積617L、540L、485L)を2月17日に、「冷蔵庫カメラ」を新搭載した「まんなか野菜 KXCCタイプ」1機種(定格内容積498L)を2月24日にそれぞれ発売します。

(*1)
食品の収納場所によって、カメラでの撮影に写らない部分があります。「冷蔵庫カメラ」の利用には「日立冷蔵庫コンシェルジュアプリ」を使用してスマートフォンと冷蔵庫本体の連携が必要です。詳細はP.4の(*1)参照。
(*2)
コネクテッド家電とは、インターネットやスマートフォンとデータ送受信する機能を持つ家電製品です。
(*3)
出荷時はオフ設定です。オンにしたときは消費電力量が約3%増加します。Android6.0以上、iOS10.0以降に対応。インターネット接続環境と無線LANルーターが必要です。Androidは、Google LLC.の登録商標です。
(*4)
新製品R-HXCC62S(定格内容積617L、幅685×奥行738×高さ1,875mm)と、2021年度製品R-HX60R(定格内容積602L、幅685×奥行738×高さ1,833mm)との比較。新製品はカメラユニット搭載のため、2021年度製品と比較して外形寸法の高さが42mm、据付必要寸法が50mm大きくなります。カメラユニットが前面側に57mm出っ張ります。
(*5)
最上段の棚を2段階設定できるうち、下の段に設定した場合。
(*6)
新製品R-HXCC54S(定格内容積540L、幅650×奥行699×高さ1,875mm)と2021年度製品R-HX54R(定格内容積540L、幅650×奥行699×高さ1,833mm)との比較。新製品はカメラユニット搭載のため、2021年度製品と比較して外形寸法の高さが42mm、据付必要寸法が50mm大きくなります。カメラユニットが前面側に57mm出っ張ります。
(*7)
周囲温度約32℃、冷蔵室を「まるごとチルド」設定にして庫内が安定したときの目安。
(*8)
当社調べ。新製品R-HXCC62Sの冷蔵室(「まるごとチルド」設定)に、約400gの葉物サラダ(ラップなし)を、ドア開閉なしで24時間保存したときの棚スペースの平均湿度。冷蔵室の収納量や食品の種類・状態・量、冷蔵庫のドア開閉回数、運転状況によって湿度は変動します。
(*9)
「まるごとチルド」設定時は、消費電力量が約7%増加。出荷時は「まるごとチルド」設定。ドアポケットは「まるごとチルド」に含まれません。
(*10)
試験方法:「まるごとチルド」搭載/非搭載の冷蔵室で保存した食品の生菌数(単位:CFU/g)の測定。詳細はP.5の(*8)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。
(*11)
当社調べ。新製品R-HXCC62Sの冷蔵室(「まるごとチルド」設定・ラップなし)と、2018年度製品R-XG56J(「まるごとチルド」未搭載)の冷蔵室(「スポット冷蔵」オフ・ラップなし)で24時間保存後のサラダを比較。詳細はP.5の(*10)参照。食品の種類・状態・量によって効果が異なります。

型式および発売日

タイプ 型式 本体幅 定格内容積 本体希望小売価格 発売日
まんなか
冷凍
HXCCタイプ
(「冷蔵庫カメラ」搭載)
R-HXCC62S 685mm 617L オープン価格 2月24日
R-HXCC54S 650mm 540L
HWタイプ R-HW62S 685mm 617L 2月17日
R-HW54S 650mm 540L
R-HW49S 485L
まんなか野菜 KXCCタイプ
(「冷蔵庫カメラ」搭載)
R-KXCC50S 650mm 498L 2月24日