2010年5月 緑茶(なぜヤセる健康法に有効か)

昔の茶人はみんな痩せており、しかも結構長生きだった事が知られている。なぜだろうか。緑茶にはタンニンがたくさん含まれているが、タンニンは消化酵素の働きを抑える作用がある。

つまり、食べてもそれを消化する酵素の働きを抑えるので、食べたカロリーのある部分が吸収されないまま体外に出される。緑茶を飲むとヤセるのはこのためである。しかもビタミンCが多く含まれている。だから、インスタントコーヒーを飲むぐらいなら、絶対緑茶である。健康にも、美容にもそのほうがずっといい。

もっとも、昔の庶民は栄養失調が普通だったので、緑茶を飲み過ぎると、ますます栄養失調になるだけだから、緑茶健康法なんて事はだれもいわなかった。