2011年3月今月の電材コラム

CATV(ケーブルテレビ)
CATV受信でのインターネット

マンションでは、追加の配管や配線工事が困難な為、光ファイバーインターネットが導入できない問題があります。このため、テレビ放送を犠牲にしてCATVにて代用するマンションも増加しています。
しかし、マンションや集合住宅のように多くの世帯で調整が必要な分、複雑な方法を選択することは、好ましくないでしょう。
少なくとも現時点では、放送とインターネットは、別々の物です。しかも、放送もインターネットも大きな変化を迎えている過渡期であり、両方を-つのCATVで実現してしまうと、片方が変化したときに追従できない課題があります。この為、現時点では、テレビとインターネットは、別々に導入することを推奨します。
例えば、評判は良くないのですが、1本の光ファイバーを全世帯で共有する光ファイバーのマンションタイプが登場しています。当面、インターネットに関しては、ADSLやマンションタイプ光ファイバーで我慢した方が良いでしょう。