2011年4月今月の電材コラム

 -パナソニック電工(株)-
1台のリモコンで主照明器具も補助照明器具も遠隔操作可能にする
「照明リモコン受信スイッチ」 新発売
               
1103-7a0パナソニック電工株式会社は、スイッチにリモコン受信機能を搭載し、シーリングライトなどの主照明器具用リモコンで、リモコン機能のないダウンライトやブラケットなどの補助照明器具の操作を可能にする「照明リモコン受信スイッチ」を2011年3月21日に発売しました。
 近年、一室にシーリングライトなどの主照明器具とダウンライトやブラケットなどの補助照明器具を設置する一室複数灯の部屋が増えてきている一方で、主照明器具にはリモコン機能はあるが補助照明器具にはリモコン機能がないというケースが多く見受けられます。
 そこで、当社は、スイッチにリモコン受信機能を搭載し、主照明用リモコンのチャンネルを切替えることでダウンライトやブラケットなどの補助照明器具の遠隔操作を可能にする「照明リモコン受信スイッチ」を開発。これにより、主照明器具も補助照明器具も1台のリモコンで操作可能になります。
 なお、当社では、2004年にスイッチのハンドル部を取り外すとリモコンになり、照明器具の遠隔操作が可能になる「とったらリモコン」を発売し、ご好評をいただいています。

■特長
(1)リモコン機能のない補助照明器具を主照明器具用リモコンで遠隔操作
 スイッチにリモコン受信機能をつけたことで、適合負荷容量内であれば、照明器具の種類を問わず、リモコン機能がついていないダウンライトやブラケットなどの補助照明器具の遠隔操作が可能になります。
 1103-7b

(2)本製品とリモコンのチャンネルを合わせるだけの簡単設定
 本製品とリモコンとは、複雑な登録作業が不要で、チャンネルを合わせるだけで簡単に設定できます。また、本製品は3チャンネルに対応しています。
 1103-7c

(3)リニューアルにも対応可能
 本製品は2線式なので、既設のスイッチ(片切)配線をそのまま利用して取り替え可能です。