2011年8月今月の電材コラム

地上デジタル放送の案内

ブースターについて

ブースターとは電波を増幅するアンテナ部品です。
地上デジタル放送の受信可能エリア内であれば、通常はアンテナに地上デジタルの電波が到達しています。ところが、アンテナでは受信できているにも関わらず、テレビでは正しく受信出来ないことがあります。このような場合に、ブースターを正しく使用すれば受信が可能になることが多いのです。ただし、アンテナが放送波を受信していない場合はブースターで増幅しても受信できません

基本形
ブースターはアンテナに近い部分に挿入することが基本です。「チューナ」はテレビやレコーダに内蔵されている地上デジタル放送の受信チューナーを指しています。機器としては、テレビやレコーダー、もちろん、単品の地デジ対応チューナーであってもかまいません。とくに、「分配器」と「ケーブル」よりもアンテナ側に設置することが重要です。なお、ここで言う「ケーブル」は、戸内配線用の10m以上の長いものを指し、10m以下の短いケーブルについては、どこに挿入されていても大き
な支障はありません。