2014年2月今月の電材コラム

LEDの基礎知識
LEDの特集

彩光色
食材の鮮度保持に貢献クールな光で食材へほとんど影響を与えません。LEDなら、紫外線・赤外線ほぼゼロの光により生鮮食料品への熱による傷みを軽減。商材の入れ替え頻度を抑えることにもつながり、仕入のムダを省きます。

空調への熱の影響を低減低発熱設計で売場の温度管理も行いやすく、これまでの白熱灯だと、明るい器具にすればその分、器具からも熱が多く発生していました。LEDは、紫外域、赤外域の波長をカットし熱を抑制。室温を保つための空調稼働率が大幅に削減できます。